働く女性のための
ライフロングキャリアコース

About
コース情報

本学では2021年6月に、これまでの再教育・再就職のためのキャリアアップコースの他に、就労中の社会人女性を対象とした「働く女性のためのライフロングキャリアコース」を開設しました。

2018年に文部科学省に採択されました「女性の学びとキャリア形成・再就職支援を一体的に行う仕組みづくりとニーズ調査によるリカレント教育モデル構築のための実証事業の実施」において、遠方にお住まいの方や社会人女性のニーズ、そして就労中の方が学びやすい条件等を調査しました。その調査結果をプログラムに反映し、また再就職コースの修了生の多くが希望する「長く働きたい」「長く社会と関わりたい」という要素もカリキュラムに反映させました。

 2020年度のコロナ感染症拡大の影響から「再就職コース」をオンラインプログラムとして開講したことにより、「働く女性コース」は、全国どこからでもオンラインで学ぶことができるプログラムとして構築しました。

入学した受講生は、管理職を目指す若い方、自営業の方、管理職・経営者まで多様です。多業種・多職種での交流により新たな気づきを得て、本学での学びを就労先で直ぐに活かすことにより仕事や人間関係の悩みを解消し、後輩育成や業務の効率化等の多様な効果を生んでいます。

詳細情報

在籍期間
5月入学6ヶ月で修了。
修了要件

必修0.5単位、選択必修3単位、合計6.5単位(63時間)を修得すること。

修了者には、修了証、及び「ジョブカードコア」に記載できるリカレント教育課程履修証明書(履修科目を明記)、成績証明書を交付します。

授業科目
1科目:週1回100分授業。
開講形式
遠隔授業
時間割

2022年度開講「働く女性のためのライフロングキャリアコース」
時間割はこちら

学事日程

2022年リカレント教育課程学事日程はこちら

2022年度
カリキュラム一覧

*開講日・回数等の詳細については入学者にご案内します。

受講の手引き

履修登録について

働く女性コースの修了に必要な単位数は、必修0.5単位、選択必修および選択科目6単位、合計6.5単位です。なお、6.5単位を超えて受講する場合は、1単位につき、22,500円の受講料追加納入が必要となります。当該期の履修科目の登録は、履修登録期間に完了してください。

通信教育課程聴講生について

家政学部通信教育課程のスクーリング科目(一部)を聴講生として受講することができます。

単位認定について

学習の評価の条件
①当該科目が履修登録された科目であること
②各科目の授業回数の2/3以上を出席していること
③各授業時間数の2/3以上を出席していること
④各科目の課題を提出すること

各種証明書の発行について

当課程事務室において、各種証明書(履修修了見込証明書、履修修了証明書、単位認定証明書、在学証明書)を発行します。

休学及び復学について

次学期の休学を希望する際は、「休学願(所定用紙)」を提出してください。復学を希望する際は、「復学願(所定用紙)」を提出してください。

留年について

働く女性コースの在籍年限は、休学期間を除いて2年となります。2年を超えて在籍することはできません。留年によって2学期(半年間)を超えて在籍する場合は、受講料(135,000円)を納め、その学期に60時間まで履修することができます。ただし、一度履修を修了した科目を再履修することはできません。

大学図書館の利用について

本学の図書館が利用できます。利用登録には、当課程の身分証明書が必要になります。

共有スペースの利用について

学内施設を休み時間などにご利用いただけます。共有スペースでは周囲にご配慮の上、譲り合ってご利用ください。

禁煙について

本学学園敷地内は全面禁煙です。地域の方々への受動喫煙防止のために、学園周辺も禁煙にご協力ください。

自転車・バイク・乗用車等での通学について

自動車・自動二輪車(原付を含む)・自転車での通学はお断りいたします。

リカレント教育課程事務室

開室時間 月~金 9:30~16:30 土 9:30~11:30
(日・祝日、長期休暇中の土曜日は閉室。休日については大学に準ずる。)

TEL:03-5981-3751 / FAX:03-5981-3754
E-mail:recurrent@fc.jwu.ac.jp

Flow
受講までの流れ

  • 00. 入学キャリア説明会参加

    出願者は、入学キャリア説明会(当該年度)に原則参加してください。

  • 01. 出願書類提出

    出願書類の詳細は、説明会参加時にご説明いたします。

    募集要項はこちら

    出願用封筒表書はこちら

  • 02. 書類審査・面接(オンライン)

    指定日にZOOMにて面接をお受けください。

  • 03. 試験結果通知到着

    結果をご自宅にお送りします。

  • 04. 入学手続き

    ・合格された方は、期日までに入学金及び受講料をお振り込みください。
    ・ 手続き後、大学のメールアドレスを付与いたします。以降、大学のメールアドレス宛にご連絡差し上げます。
    ・ オンラインで開催される履修ガイダンスにご出席ください。

  • 05. リカレント教育課程開講

    オンラインで開催される開講式に出席後、履修科目の登録をします。

  • 06. 授業開始

    学事日程にそって受講します。

Teacher
講師紹介

講師紹介を表示する閉じる

  • 堤 香苗

    株式会社キャリア・マム 代表取締役

    担当科目「キャリア講演・女性のライフスタイルと起業という選択肢」

    神戸女学院高等学部、早稲田大学第一文学部・演劇専攻卒業。 大学在学中よりフリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活動。 結婚や出産に関わらず、仕事と家庭のどちらも大切に自分らしく働きたい女性たちの活躍の場を提供することを志し、株式会社キャリア・マムを設立。 「女性のキャリアと社会をつなぐ」を経営理念とし、ライフイベントを機に離職した女性たちの再就業や起業といった新しい働き方を推進しています。 主な事業は、1)全国11万人の在宅ワーク登録会員を活用したBPO事業、2)官公庁受託事業の運営、3)カフェ・コワーキング・保育施設等の運営です。 女性の再就労支援実績が認められ、内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ支援賞」ほか、受賞歴多数。

  • 矢島 洋子

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング
    政策研究事業本部東京事業本部 執行役員/副本部長/主席研究員
    女性活躍推進・ダイバーシティマネジメント戦略室室長

    担当科目「ライフロング・キャリア・デザイン」

    【経歴・表彰等】
    内閣府男女共同参画局 男女共同参画分析官(2004/04~2007/03)
    中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授(2010年度~2020年度)
    Forbes Japan WOMEN AWARD 2018 社会インパクト賞受賞
    【専門領域】
    少子高齢化対策、男女共同参画の視点から、ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティーマネジメント関連の調査・研究・コンサルティングに取り組む。
    【メッセージ】
    女性のライフプラン・キャリアデザインの可能性は、近年格段に広がっています。一緒に、新しい可能性を探っていきましょう

  • 上野  哲生

    社会保険労務士 上野経営事務所 代表

    担当科目「人材育成の導入理論」

    東京大学経済学部卒業後、キリンビール株式会社に入社して34年間勤務。 主にマーケティング・商品開発・人事労務・人材開発を担当。新商品のプロジェクトリーダーとして、「淡麗グリーンラベル」を開発・市場導入した(2002年)。 ビール類・缶チューハイ・洋酒の市場責任者、採用・社員教育の統括を経験し、最後は子会社社長を担って定年退職。その後、社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士の事務所を開業し、コンサルタントとして独立。 多様で豊富な実務経験をベースに、人材育成理論とビジネス実践を融合させた経営支援・講演活動を幅広く展開している。

  • 田部 渓哉

    城西大学経営学部准教授

    担当科目「マーケティングマネジメント」「市場調査論」

    1987年生まれ。早稲田大学商学部卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了の後、博士後期課程単位取得満期退学。 同大学商学学術院助手、助教を経て、2017年4月より城西大学経営学部マネジメント総合学科助教、2021年4月より准教授に就任。 主要研究業績として『実務家教員の理論と実践』(共著、2021、学校法人先端教育機構)、『ケースで読み解く経営戦略論』(共著、2018、八千代出版)、 「パーソナル化の知覚がモバイルアプリの利用行動に与える影響」(2016、『消費者行動研究』)、「モバイルクーポンの利用行動分析:クーポン情報の知覚による影響」(2015、『InfoComREVIEW』)

  • 印田佐知子

    成蹊大学国際教育センター常勤講師

    担当科目「Business English」

    芸術文化関連の非営利組織や企業に勤めたのち、教職に転向。前職は立教大学外国語教育研究センター教育講師。専門は、英語教育、異文化コミュニケーション。 著書に、English through Active Learning—大学生のためのアクティブ・リーディング、Comparing Cultural Policy―A Study of Japan and the U.S.(共著)などがある。
    グローバル化で、仕事で英語を使うことが益々増えてきています。異なる文化背景を持つ方たちと仕事をすることには苦労もありますが、新しい考え方や刺激を得ることができます。 担当科目では、皆さんが自信を持って世界の方たちと交流・ビジネスができるようお手伝いすることができれば嬉しいです。

  • 尾方僚

    デジタルハリウッド大学客員准教授 日本女子大学非常勤講師

    担当科目「プレゼンテーション」

    大手就職情報会社マーケティング担当を経て独立。企業研修や採用コンサルテーションのほか大学生、親、社会人(管理職)向けの講演も多数。日本女子大学(学部)ではキャリア形成科目「社会に出るための自己表現」を科目開講より担当(2010年―現在)。著書多数。近書:プレゼン以前の発表の技術(すばる舎)。2021年2月「アナログスタイルをつらぬいていた教員がオンライン授業をする話」というエッセイ漫画を発表し大きく取り上げられた。
    刻々変化をしている仕事のやり方ですが、根底にある「人と人とのコミュニュケーションによるチームワークで仕事が成り立っている」ことには変わりがありません。また自身の成果を前に出していかないとキャリアの損失になってくる時代ともなってきました。少しでもまた大きくでも前のめりになれるように「プレゼンテーション」というツールで皆さんのサポートすることが私の役目。「表現」することの楽しさと醍醐味をぜひご自分の「ツール」としてください。

  • 伊藤浩次

    東京商工会議所 パソコン研修講師

    担当科目「ITリテラシー3(Access)」

    現在私は「日本女子大学リカレント教育課程」と提携を結んでいる「東京商工会議所」の研修(パソコン部門)を担当しており、会員企業でご活躍なさっている方々のさらなるIT技術向上のお手伝いをしております。それがご縁で提携当時からこちらの授業も担当しております。
    ITの世界でもテレワークやリモートによる在宅勤務がようやく普及・定着しています。したがって企業で活躍するには、以前よりも高いITリテラシー《活用能力》が必須の世の中となっており、いわば、独りになったときに問題解決できるか、がカギになっています。私は今回の講義を通して、皆様のITリテラシーの向上を全力で応援したいと思います。

Q&A
よくある質問

Q.リカレント教育課程について電話でお伺いしたいのですが……
当課程では「入学キャリア説明会」を実施しております。当該年度の「入学キャリア説明会」への参加が出願条件にもなっています。カリキュラム等説明しますので、ぜひご出席ください。
Q.四年制大学を卒業していませんが、出願できますか?
「①高等学校卒、大学受験資格を有する者」かつ「②就労中・就労経験のある社会人女性」であれば、出願可能です。
Q.入学試験で不合格になった場合、再度出願することはできますか?
募集期間中の出願は1回のみです。募集年度を変えて出願することは可能です。
Q.働く女性コースの受入方法はどのような内容でしょうか?
書類審査とオンライン面接です。
Q.1年間で修了できない場合はどうなりますか?
「留年」によって2年間在籍することが可能です。
Q.1学期に何単位まで履修することができますか?
「働く女性コース」では1年につき6.5単位履修できます。また、追加料金(1単位につき22,500円)を納入いただくことによってそれ以上の履修も可能です。
Q.働く女性コースでは再就職支援は受けられますか?
「働く女性コース」では就労中の女性のスキルアップ・ブラッシュアップを目的としているため、再就職支援はありません。入学条件の合う方は「再就職コース」をご検討ください。
Q.オンライン授業ですが、大学の施設は利用できますか?
日曜・祝日を除く、平日・土曜日に、図書館、大学生協、購買部、食堂を利用できます。
Q.通学定期・学割は利用できますか?
リカレント教育課程受講生は通学定期・学割は利用できません。
Q.教育訓練給付金対象講座ですか?
働く女性コースは「一般教育訓練給付制度」指定講座です。詳細につきましては、お近くのハローワークにてご確認ください。

修了生の声

第1回生の声  New!

受講のきっかけ

・管理職として体系的に学びたい。

・管理職を目指したい。

・オンデマンドではない、オンライン授業で仲間と一緒に学びたい。

・首都圏在住ではないので、オンラインコースで学びたい。

授業について

・会社とは何かということを振り返るチャンスになりとても有意義であった。

・学んだことが仕事に直結した。

・会議やミーティングを計画的にまとめて、短時間でできるようになった。 

・資料を丁寧にみられるようになり、案件を持ち帰って考えるきっかけにもなっている。

・基礎から理論的に学べてよかった。

・定義などを奥深く学びながら、昨今の具体的な事例を用いた説明がされるので、見方が代わってきたことを実感している。

・受講生という仲間と交流できる授業で刺激を受け、よかった。

・いい学びをさせて頂いている。他の受講生は素晴らしく、身をただす時間となっている。

・グループディスカッションもあり楽しかった。基礎編の授業では、知識がない自分にとって十分すぎる内容だった。

・プレゼンテーションの授業では発言の順序やPowerPoint資料作成について学び、仕事に役立った。

・プレゼンテーションの授業では、プレゼンテーションまでの過程を理解することができ、勉強になった。会社の研修ではプレゼンの機会があまりなかったが、講義中にプレゼンの機会があり自信をもって臨めた。

・マーケティングの授業では、チラシの見せ方等を学び、仕事に役立った。

・市場調査論の授業で扱ったエクセル等での作業は難しくなく、楽しかった。

・就職に必要な基礎的知識を学ぶことができて良かった。

受講生間の交流について 

・再就職コースと共通開講であるマーケティングの授業では、自分とは異なるコースの受講生と共に学べた。

・いろいろな年代や職務の方との交流は刺激になった。

・グループディスカッションもあり楽しかった。

・授業によっては修了後の打ち上げがあったため、受講生同士が交流できた。

・最後にオンライン飲み会を開いていただいた授業もあり、とても楽しい時間を過ごせた。

感想 

・様々なキャリアや年齢の異なる受講生との交流を通し、色んな価値観や考え方に触れ、新たな発見や学びが多く、入学して良かったと思います。

・学びたい講義を、Eラーニングでは無く、さまざまな所から同時に参加でき、直接、先生から学び、質問し答えて貰える授業は、楽しかったです。学生証を頂き、久しぶりに50代の女子大生気分にもなれました。専門以外の分野と、新しい知識に触れる機会を得られてよかったと感じています。

・オンライン講座だったので夜間の受講も負担が少なかったです。違う世代や職業の受講生と共に学べたのは望外の楽しさでした。授業内容も充実していて、学ぶ喜びを感じることができました。思い切って受講して本当に良かったと思います。

・多忙な日常の中にキラリと光る時間があるとしたら、このリカレント教育課程の受講タイムだったと思います。 まだまだ自分の可能性を伸ばしたいと願い、それぞれの想いを持った女性の集まりはとても心地良く、また刺激的でした。

メッセージ 

・受講前と後では人生観が変わるような講義ばかりです。オンライン授業のため、家庭や仕事など時間制限があっても学べる環境だと感じます。長く社会と関わり働き続けていきたいと願っている方には受講をおすすめいたします。

・10年振りに母校で学べて良かったです。正直リアルタイム大学生の時より日本女子大学が好きになりました。コロナで外出しにくいですが、家から色々なバックボーンをお持ちの方とお話できるのは貴重な体験でしたよ。

・得た知識を次の日の仕事や生活ですぐ活かすこと、それを継続することが重要です。授業を受けて満足しないこと。

・年齢や職業にとらわれず、たくさんの知り合いができました。みんなで一緒に頑張ることができました。

・今後入学するの皆さんとも親交を深められる日がくるかも…思うとワクワクします。どうぞご一緒に、このワクワク感を味わってまいりましょう。

修了生の声を表示する閉じる

ORIENTATION
入学キャリア説明会について


当説明会は、入学を目的としている方を対象としております。
ご視察・ご取材・ヒアリングは別途調整いたしますので、メールにてお申し込みください。

♦︎日時

日時(CW1):2022年9月17日(土) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催):満席になりました。

日時(W1):2022年9月17日(土) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催):満席になりました。

日時(CW2):2022年10月1日(土) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催):満席になりました。

日時(W2):2022年10月1日(土) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催):満席になりました。

日時(CW3):2022年10月18日(火) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催):満席になりました。

日時(W3):2022年10月18日(火) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催):満席になりました。

日時(CW4):2022年11月5日(土) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催):終了しました。

日時(W4):2022年11月5日(土) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催):終了しました。

日時(CW6):2022年11月26日(土) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催)満席になりました。

日時(W6):2022年11月26日(土) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催)満席になりました。

日時(CW8):2023年1月21日(土) 10:00~12:00(両コース共通)(オンライン開催)

日時(W8):2023年1月21日(土) 10:00~11:30(働く女性コースのみ)(オンライン開催)


※説明会日程に追加が生じた場合、HP及び各種SNSで告知いたします。


♦︎対象

2023年度「働く女性コース」入学希望者


♦︎申込フォーム

お申し込みはこちらから。

「働く女性のためのライフロングキャリアコース」入学キャリア説明会(オンライン開催時)
※出願年度の入学キャリア説明会参加は出願条件です

実施方法:オンライン(Zoom)

(コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場いただく形に代え、オンラインでの実施といたします)

参加方法・内容

・概要説明(約1時間 参加必須):カリキュラム等。「Zoom」を使用して行います。

・個別相談(1人10分、希望者のみ申込制):「Zoomミーティング ブレイクアウトルーム機能」を使用して、説明会参加者とスタッフと一対一で行います。時間は、申し込み先着順での割り振りいたしますのでご了承ください。

・カメラはオン(説明会全体を通して)、音声はオフ(個別相談時はオン)でご参加ください。

参加連絡方法

申込完了後、詳細につきましては前日までにZoomのURLとともにお知らせいたします。Zoom接続後は説明会開始までは待機状態(待機室)となりますので、待機室で開始までそのままお待ちください。

注意事項
  • ※説明会への参加は出願を検討しているご本人様のみとします。出願資格については募集要項をご確認ください。
  • ※入学キャリア説明会参加を出願条件としていますので、音声はオフ(個別相談時はオン)、カメラはオンでご参加ください。個別相談時はブレイクアウトルーム機能を利用しますので、説明会参加者とスタッフと一対一でお話をします。
  • ※前日午前11時まで予約可能です(満席の場合は除く)。
  • ※予約した説明会日をキャンセルする場合は、以下メールアドレスまでご連絡をお願いします。
  • ※入学キャリア説明会時の録音・録画は、ご遠慮ください。
  • ※「働く女性のためのライフロングキャリアコース」のパンフレットはホームページに掲載していますので、こちらからご覧ください。資料郵送をご希望の方はこちらからご請求ください。
  • ※ご視察・ご取材をご希望の際は別途調整いたしますので、リカレント教育課程の事務室に直接お問い合わせください。
  • ※ご不明な点がございましたら、リカレント教育課程の事務室までお問い合わせください。
Zoom利用について

1:用意する物・端末(パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれか )

・インターネットに接続できる環境
・Wi-Fi等のインターネットへの接続

※通信費は自己負担となります。
※イヤホン等をお使いいただくと、より外部環境に影響されずに音声が聞きやすくなります。

2:Zoomアプリのインストール

<パソコンの場合>
ブラウザで https://zoom.us/test にアクセス

<スマートフォン/タブレットの場合>
以下よりインストールしてください。
Zoom Cloud Meetings iPhone/iPad版はこちら
Zoom Cloud Meetings Android版はこちら

CONTACT
お問合せ

受講お申し込みや、カリキュラムに関するお問い合わせ、ご意見やご要望など、随時お待ちしております。

※資料請求につきましては、お手元に届くまで4~5日(長期休暇期間中(夏期休暇期間等)は、10日前後)かかる場合があります。
※研究やご取材等は別途対応しておりますので、リカレント教育課程事務室に直接お問い合わせください。

  • お電話によるお問合せ

    TEL:03-5981-3751 / FAX:03-5981-3754

    お問合せ時間
    月~金 9:30~16:30 / 土 9:30~11:30

  • メールによるお問合せ

    E-mail:recurrent@fc.jwu.ac.jp

    メールによるお問い合わせには、数開室日をおいてご連絡することがございます。