文部科学省
「成長分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」


次世代リーダーを目指す女性のための
DX人材育成コース

文部科学省 令和4年度「成長分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」に採択されました。
詳細はこちら

ご挨拶

日本女子大学 生涯学習センター 髙梨 博子 所長(文学部英文学科教授)

日本女子大学 生涯学習センター
髙梨 博子 所長(文学部英文学科教授)

日本女子大学リカレント教育課程に、2023年秋、DXスキルを強化しながら、次世代リーダーを目指す女性のための新たなコースが誕生します。デジタル技術の進化に伴い、ビジネス環境が変化する中、学びの領域をさらに拡充し、キャリアアップしたい女性を後押ししていきます。リカレント教育のフロントランナーとして、スキルやマインドを効果的に学べる環境を整え、生涯を通じて学び続ける女性のためのプログラムを提供していきます。

日本女子大学リカレント教育課程 石黒 亮輔 主任(理学部数物情報科学科准教授)

日本女子大学リカレント教育課程
石黒 亮輔 主任(理学部数物情報科学科准教授)

本コースのデジタル技術科目群は理学部の協力の下に編成され、理学部専任教員の担当する科目もあり、さらに現場のDX推進に直結する企業連携科目もあります。本コースの修了者には各企業、各団体におけるDX推進チームの一翼を担い、それぞれの立場からDXの成功を主導する役割を果たすことを期待します。

詳細情報

授業期間
2023年10月~2024年2月(5か月)
平日:19:00~20:40、土曜日:1時限(9:00~10:40)、2時限(10:50~12:30)
修了要件

選択必修および自由選択科目より合計6.5単位(65時間)を修得すること

受講者数
25名
授業形式
すべてオンライン授業(Zoom、オンデマンド)
授業時間
1回 100分
受講料
8万8千円(6.5単位分)
※追加受講の場合は、追加受講料が別途生じます。
募集時期
2023年8月
※募集は終了しました
その他
開講式および修了式の実施、修了証オープンバッジ発行、学内施設利用可、PC貸出、交流イベントの開催、本学LMS使用、仕事による欠席対応あり。
カリキュラム一覧

*青字の科目は、簡易版シラバスをご覧いただけます。

*開講日等の詳細・簡易版シラバスは順次公開となります。

Flow
受講までの流れ

  • 00. 入学キャリア説明会参加

    出願者は、入学キャリア説明会(当該年度)に原則参加してください。
    ※リアルタイム参加・オンデマンドコンテンツの視聴いずれも可能

  • 01. 出願書類提出

    出願書類の詳細は、入学キャリア説明会にてご確認ください。

    募集要項はこちら

    出願用封筒表書はこちら

    ※受講申込書は、説明会ご参加後アンケートにご回答いただいた方にお送りいたします。

  • 02. 書類審査・面接(オンライン)

    指定期間内より面接希望日を選択してください。
    日時調整の上、日程をご案内します。ZOOMにて面接を受けてください。

  • 03. 結果通知到着

    結果をご自宅にお送りします。

  • 04. 入学手続き

    ・合格された方は、期日までに受講料をお振り込みください。
    ・ 手続き後、大学のメールアドレスを付与します。以降、大学のメールアドレス宛にご連絡差し上げます。
    ・ オンラインで開催される履修ガイダンスにご出席ください。

  • 05. リカレント教育課程開講

    オンラインで開催される開講式に出席後、履修科目の登録をします。

  • 06. 授業開始

    学事日程にそって受講します。

Teacher
講師紹介

講師紹介を表示する閉じる

  • 奥村 幸子

    日本女子大学理学部数物情報科学科 教授
    理学博士

    「DX科学技術概論」担当

    東京大学理学部天文学科卒業、同大学院理学系研究科修士課程・博士課程(天文学専攻)を修了し、1989年3月博士号取得。東京大学教養学部宇宙地球科学教室助手、 国立天文台助手を経て2007年6月 国立天文台ALMA(アルマ)推進室・准教授、2012年4月より現職。2019年4月~2023年3月理学部長。専門は電波天文学で、 銀河内の分子ガスの観測的研究と電波観測システムの高精度化のための開発研究を行っています。東京大学では、専用計算機の開発に関わり、国立天文台では南米チリで運用されているALMA(アルマ)望遠鏡プロジェクトにも参加してきました。

  • 石黒 亮輔

    日本女子大学理学部数物情報科学科 准教授
    日本女子大学リカレント教育課程 主任

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ファシリテーター

    2003年、京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了、博士(理学)。 2003~2006年、パリ高等師範学校統計物理学研究所研究員(2004~2006年 日本学術振興会海外特別研究員)。 2006~2008年、大阪市立大学理学研究科博士研究員。2008~2013年、東京理科大学理学部応用物理学科嘱託助教。 2013~2015年、理化学研究所創発物性科学研究センター協力研究員。2015年~日本女子大学理学部数物情報科学科准教授。 2023年リカレント教育課程主任。

  • 八木 信幸

    中央レコードマネジメント株式会社 常務取締役
    九州大学 客員教授、ARMA東京支部 理事
    日本女子大学リカレント教育課程 担当講師

    「情報セキュリティ入門(情報セキュリティマネジメント試験)」担当

    筑波大学大学院博士課程地球科学研究科修了、博士(理学)
    土木・地質分野の建設コンサルタントに従事していた90年代後半から、建設分野の電子化に携わり、その後、主な業務領域を建設情報分野から情報管理分野にシフト。 現在は、文書・記録情報管理のコンサルタントとして記録情報管理ならび記録情報管理に関する人材育成に携わっています。近著(共著)に「こんなときどうする?自治体の公文書管理-実際にあった自治体からの質問36」、2019年、第一法規発行。
    「情報セキュリティ」は、会社等の組織で働く際に役立つ知識であることはもちろんのこと、日常生活でも大いに役立つ知識です。 専門的な内容とはなりますが、できるだけ平易な表現を使い、わかりやすくお伝えできるよう努めます。ぜひ取り組んでみてください。

  • 髙橋 南海子

    明星大学明星教育センター 特任教授
    日本女子大学心理学科 非常勤講師

    「ファシリテーション(組織行動論、女性のリーダーシップ)」担当

    筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達科学専攻修了、博士(生涯発達科学)。専門は、産業・組織心理学、キャリア心理学、キャリア・カウンセリング。 公認心理師、2級キャリアコンサルティグ技能士。高校教員を経て、教育サービス業界にて企業研修や大学生向けキャリア教育の開発、運営に従事。 提供している教育プログラムの効果の検証がしたくて社会人大学院に進学しました。以来、「学校から社会への移行」や「若年者の組織適応」をテーマに研究、教育を行っています。
    働きながら学ぶことは大変ですが、かけがえのない経験です。皆さんの可能性を広げるお手伝いが出来れば幸いです。クラスのメンバー、そしてご自分との出会いと対話を楽しみましょう。

  • 下田 令雄成

    株式会社シャイニング 代表取締役
    NPO法人ぶどうの木 代表理事

    「DX 推進のためのプレゼンテーション」担当

    横浜国立大学工学部卒。同大学院修了。工学修士。
    アクセンチュア株式会社にて、人と組織専門にコンサルティングを行うチェンジ・マネジメントグループを経て、株式会社シャイニングを設立(2005)。 『人が輝きつづける場の創造』をミッションに人財育成および組織開発に取り組む。500社以上の経営者および管理職を対象に講演・研修・組織開発支援を行う。 さらに、他企業や公益団体に参画し、20年間で200以上のプロジェクト・マネジメントを経験。実務経験に基づいた実践指導には定評がある。 また、2010年より運営しているテニス交流会『Ex-Tennis』は、東京・大阪・前橋で登録500名を超え、異業種の繋がりとテニス普及にも努めている。
    担当講座『DX推進のためのプレゼンテーション』では、PowerPointを使った資料作成(資料構成だけでなく、アニメーション、動画、オンラインツールなどを活用した演出も含む)の実践演習を通じて、 プレゼンテーション力の向上を図ります。ビジネスだけでなく、プライベートにおいても「想いが伝わる」メッセージの設計を相手の立場に立って探求しながら進めます。答えが一つではない中で、どうすれば相手に伝わるのか?一緒に考えましょう!

  • 尾﨑 眞二

    DXOホールディングス㈱ 代表取締役社長、東部ネットワーク㈱ 取締役
    片倉工業㈱ 監査役、㈱トータル保険サービス 監査役

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」担当

    安田火災海上保険㈱(損害保険ジャパン㈱)入社後、企画部門、B to B営業等を経験し役員就任、常務執行役員退任後、B to B専門会社であるオートビジネスサービス㈱代表取締役社長兼上場企業であるTPR㈱監査役就任し、 企業経営全般を経験。 現在は、経営コンサルタント会社であるDXOホールディングス㈱を起業し活動する傍ら上場企業の社外取締役・社外監査役を兼職。企業の持続的成長=SX(Sustainability Transformation)をテーマに、 特に中堅中小企業の経営層と共創しています。ドラッカー学会、ウェルビーイング学会所属。
    DX推進は、現在日本に限らず企業の持続的成長実現のために重要なファクターとなっており、多くの企業が取り組んでいます。 DXを成功に導く課題とその解決策について、実際の企業事例を通して一緒に考察し、デジタルリテラシーをリードできるようケーパビリティを養成しましょう。

  • 田部 渓哉

    城西大学経営学部 准教授
    日本女子大学リカレント教育課程 担当講師

    「アンケート調査設計と分析/統計解析演習」担当

    1987年生まれ。早稲田大学商学部卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了の後、博士後期課程単位取得満期退学。 同大学商学学術院助手、助教を経て、2017年4月より城西大学経営学部マネジメント総合学科助教、2021年4月より准教授に就任。 2016年よりリカレント教育課程担当講師を務める。
    主要研究業績として『実務家教員の理論と実践』(共著、2021、学校法人先端教育機構)、『ケースで読み解く経営戦略論』(共著、2018、八千代出版)、 「パーソナル化の知覚がモバイルアプリの利用行動に与える影響」(2016、『消費者行動研究』)、「モバイルクーポンの利用行動分析:クーポン情報の知覚による影響」(2015、『InfoComREVIEW』)

  • 中島 康

    国立天文台・天文データセンター 特任専門員

    「Pythonで学ぶプログラミング」担当

    専門は天文学。名古屋大学において博士(理学)を取得。名古屋大学および国立天文台で研究員として南アフリカやハワイの望遠鏡の観測データの処理や管理等を行うソフトウエアの開発・運用を担当ののち、 前職では一橋大学情報基盤センター准教授としてPythonによるプログラミング授業を含む情報教育等を担当。他大学や研究所においてPythonによるデータ解析講習会の講師も務めた。 現在は、国立天文台の観測データアーカイブシステムの開発・運用を担当。
    Pythonは世界中で人気のプログラミング言語です。YouTubeやInstagramなどの開発にもPythonが利用されており、近年ではAIの開発でも広く利用されています。また、文法がシンプルで初心者にも取り組みやすいプログラミング言語です。 この授業を通してPythonによるプログラミング能力の習得のお手伝いができれば幸いです。

  • 上野 哲生

    社会保険労務士 上野経営事務所 代表
    日本女子大学リカレント教育課程 担当講師

    「人材育成の導入理論」担当(「働く女性コース」共通開講)

    東京大学経済学部卒業後、キリンビール株式会社に入社して34年間勤務。 主にマーケティング・商品開発・人事労務・人材開発を担当。新商品のプロジェクトリーダーとして、「淡麗グリーンラベル」を開発・市場導入した(2002年)。 ビール類・缶チューハイ・洋酒の市場責任者、採用・社員教育の統括を経験し、最後は子会社社長を担って定年退職。その後、社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士の事務所を開業し、コンサルタントとして独立。 多様で豊富な実務経験をベースに、人材育成理論とビジネス実践を融合させた経営支援・講演活動を幅広く展開している。

  • 長嶋 収一

    東京商工会議所 中小企業部 副部長・IT活用推進担当課長

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ゲストスピーカー

    1997年 3月 学習院大学 法学部 政治学科 卒
    1997年 4月 東京商工会議所 入所 支部担当部 中小企業相談センター配属
    1999年 4月 同 墨田支部
    2003年 4月 同 総務統括部 総務課
    2006年 4月 同 地域振興部(まちづくり担当・環境担当・東京オリンピック招致担当)
    2009年 4月 同 会員交流部 会員交流センター
    2012年12月 同 財務・管理部 施設管理課(東商ビル建替え準備室)
    2015年 4月 同 東商ビル建替え準備室 課長
    2017年 4月 同 総務統括部 総務課長
    2020年 4月 同 総務統括部 副部長 兼 総務課長・支部運営担当課長
    2021年 4月 同 中小企業部 副部長 兼 ものづくり担当課長・調査統計担当課長・IT活用推進担当課長
    現在に至る。

    中小企業のDXの現状・課題について、企業の生の声や好事例を交えて、わかりやすくお伝えします。皆様との意見交換も楽しみにしています。

  • 寺崎 誠司

    兼松株式会社IT企画部 部長

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ゲストスピーカー

    兼松株式会社入社後、経理本部税務室、営業経理部、主計部管理会計チーム、主計課を経て2002年システム開発室(現IT企画部)でERPシステムの全社導入プロジェクトに参画。 2006年に内部統制(J-SOX)対応に従事、2007年兼松米国に駐在しERPシステムの導入と内部統制整備を担当、2013年に帰国、2018年より現職。 比較文化学専攻ながら商社で税務、経理、ITと渡り歩き、米国ではアマチュアオーケストラの活動に身を投じるなど、異なる常識を受け入れてきた経験から、デジタルとアナログの対立構造を和解させる努力を続けている。
    DXは構えすぎず、できるところから一歩ずつ自ら進むのが早道です。それぞれの環境でどんな変革ができるのか、一緒に考える機会にしましょう。

  • 丹羽 孝之

    元日本アイ・ビー・エム(株) エグゼクティブ・プロジェクト・マネージャー

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ゲストスピーカー

    IBMに33年間勤務し、定年退職。日本企業の業務IT化からDXまで金融業界で数々の大規模プロジェクトをリード。社内の全職種を経験。モットーは「段取り八分、仕事二分」。 中国、インドとのグローバルデリバリー体制の立ち上げや、アジア各国とのグローバルプロジェクトを担当。また、長年IBM社内のPM育成にも携わり、PMやマネージャーを目指す後輩達への指導やキャリアプラン作りのアドバイスにも力を注いだ。
    DX推進におけるみなさんの悩み、不安などに対して、プロジェクトの現場経験から得た知見を元に、わかりやすくご説明いたします。学びから得た知識は、活用/応用して結果を出さなければ意味がありません。 「明日から仕事で活用できるワザとコツ」を伝授しますので、楽しみにしていてください。

  • 林 周仙

    野村ホールディングス株式会社 / 野村證券株式会社 デジタル戦略部長

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ゲストスピーカー

    東京理科大学理学部を卒業後、野村證券株式会社入社。入社後は、東京・名古屋・大阪を中心に事業法人顧客を中心としてウェルス・マネジメント業務に従事。 本社にて非上場企業中心として事業承継に関するソリューションの企画開発や戦略策定・実行・推進なども努める。
    2018年より野村ホールディングス株式会社にて、金融イノベーション推進支援室長、未来共創推進部長、デジタル戦略部長(現職)。
    野村グループにおける主にデジタルを軸とした自社以外とのビジネス共創や新たなビジネスの企画・調査・開発を担い、金融において新しい価値を「共創と創出」できる仕組みづくりにも注力している。
    デジタル領域でDX推進を担われておられる、またはこれから担われていく皆様、金融業界自体あまりご存じない方も多くいらっしゃると思います。 少しでもわかりやすく事例も織り交ぜながら、どのように取り組んでいけばよいのか、自分ごととして考えられる機会となりましたら幸いです。

  • 中田 稔

    株式会社Sprocket CTO

    「DX推進事例研究1・2 ~プロジェクト運営・DX推進のためのプランニング~」ゲストスピーカー

    京都大学大学院情報学研究科在学中の2000年に、株式会社ゆめみを設立しCTOに就任。2012年よりゲーミフィケーションの概念を用いたエンゲージメントプラットフォーム「Sprocket」開発に注力。 2014年4月、株式会社Sprocketとしてゆめみより分社しCTOに就任。Sprocketをエンゲージメント向上・ロイヤリティ向上を行う「CX改善プラットフォーム」と位置付け、現在でも第一線のエンジニアとしてシステム全体の設計・実装を行っている。
    デジタル技術の導入と活用は、ただの効率化や自動化を超えた、人々の働き方や生活スタイルの変革、さらにはビジネスの革新をもたらす可能性を秘めています。その広がりある可能性を事例の紹介を通して少しでも感じていただければ幸いです。

  • 担当講師情報も順次公開いたします!

Q&A
よくある質問

Q.リカレント教育課程について電話でお伺いしたいのですが……
当課程では「入学キャリア説明会」を実施しております。当該年度の「入学キャリア説明会」への参加が出願条件にもなっています。カリキュラム等説明しますので、オンラインでのご出席、またはオンデマンドコンテンツを視聴してください。
ご不明な点がございましたら、メールにてお問い合わせください。お問い合わせ先はページ下部をご確認ください。
Q.四年制大学を卒業していませんが、出願できますか?
「①高等学校卒以上または大学受験資格を有する者」かつ「②就労中・就労経験のある社会人女性」であれば、出願可能です。
Q.どのような受講者を想定していますか?
あらゆる業界、職種、役職にいる女性を対象としています。キャリア意識の高い若手~現在マネージャーとして活躍している幅広い女性の皆様を対象としています。
Q.DX人材育成コースの受入方法はどのような内容でしょうか?
書類審査とオンライン面接です。
Q.受講に際して求められるITスキルはどのくらいですか?
ITSSレベル(ITスキル標準)1程度のリテラシーがあることを前提としたカリキュラム構成になっています。
Q.修了要件は6.5単位となっていますが、6.5単位より多く履修はできますか?
同時間帯に科目の開講は重複しません。追加料金を納入していただきますが、履修することは可能です。
Q.DX人材育成コースでは再就職支援は受けられますか?
「DX人材育成コース」では就労中の女性のスキルアップ・ブラッシュアップを目的としているため、再就職支援はありません。入学条件の合う方は「再就職コース」をご検討ください。
Q.オンライン授業ですが、大学の施設は利用できますか?
日曜・祝日を除く、平日・土曜日に、図書館、大学生協、購買部、食堂を利用できます。
Q.通学定期・学割は利用できますか?
リカレント教育課程受講生は通学定期・学割は利用できません。
Q.授業資料はどのように受け取るのでしょうか
本学のLMS(Learning Management System、学習管理システム)を活用して、講師が保存した資料を、ご自身のデバイスで閲覧、または印刷をしていただきます。

修了生の声

受講の動機

・管理職として体系的に学びたい。

・管理職を目指したい。

・オンデマンドではない、オンライン授業で仲間と一緒に学びたい。

・首都圏在住ではないので、オンラインコースで学びたい。

第2回生の声  New!

授業について

・学んですぐに仕事に生かせる内容の科目が多く、スキルアップが実感できます。

・人前で話すことが苦手だったが、最初にプレゼンテーション科目を受講したことで、その後に受講した科目では、グループワークも発表も臆することなくできるようになっていた。

・授業は知識を得られる場でもありますが、リカレント教育課程の授業はただ聞くだけでなく、受講生同士が短時間でディスカッションして意見をまとめ発表し、それをもとに授業を進めていくなど受講生参加型の授業が多く、普段周りにいる人とは違う考えを聞くことができ、とても新鮮でした。また、限られた時間の中で自分の意見をまとめて発表し、他の人の意見も聞き、その意見をほめつつ、まとめる経験は普段の仕事でも役に立てていけると思いました。

・大学生だった時には授業の内容だけに集中しがちでしたが、社会人になり、より広く視野を持てるようになった今、授業を受けることで吸収できる魅力が、リカレント教育にはあると思います。授業内容が自分の興味関心とはずれていても、その中で出てくる考え方やパソコンの使い方などを自分のフィールドでこんなことに使えるかもしれないと応用法を考え、実際に仕事につなげています。

・受講前は授業についていけるか心配でしたが、グループワークやプレゼンテーションなど、異なる年代、異業種の受講生と一緒に学びの楽しさを味わうことができました。

・個人で学ぶのは難しいと思われますが、リカレント教育課程は総合的にビジネススキルを習得できるプログラムを用意されていますので、マネジメント層を目指している方にお勧めします。

・リカレント教育課程で学んだことが現在の業務に役立っていることを実感しております。女子大ならではのきめ細やかな対応もよかったです。

・授業内容はもちろんのこと、業種や職場の傾向も年齢も異なるメンバーが集まって様々なテーマについて(授業内の)ディスカッションを行うことでも、多くの学びを得ることができました。

受講生間の交流について 

・グループワークをすることにより、他の受講生の方々と仲良くなり、情報交換ができるようになった。

・会社ではいつも決まった人とのコミュニケーションをとっているが、異業種、異職種の方々と共に授業を受講することで様々な意見や考え方に触れることができました。また、自身を多角的に見ることによってこれまでとは違うものの見方や多様性についても考えるきっかけになりました。

・受講生が全員女性ということで、それぞれ背景は違えど、連帯感を持って安心して授業に参加出来たと思います。

感想 

・仕事と学びを両立する体験自体が、自信にも繋がり、充実感がありました。

・最初の発表やグループワークではドキドキしますが、度胸もついてきて、徐々に慣れてきます。いただける資料はわかりやすく、その日に質問できたりするので、授業の復習に役立ち、理解できるようになります。あっという間の6ヶ月間ですので、充実感、達成感はとてもあります。

・新しい知識の習得・学びなおしで、人生の幅が広がりました。自分が成長できたと思った経験でした。

・全体を通して、ビジネスに関する知識やスキルを体系的に学ぶことが出来た。また、机上の学びで終わらせないように、授業で学んだことは日常業務で積極的にアウトプットし、定着させるように意識した。インプットとアウトプットを繰り返すことで、仕事で以前よりも質の高いアウトプットを生み出すことが出来るようになったと実感している。

・授業ではグループワークが多いので、グループワークに対する苦手意識が無くなった。また、回を重ねるごとに受講生同士のキャラクターも分かるようになり、絆や一体感が生まれ、授業に出るのが楽しくなっていった。

・内容が濃く緊張感がある授業が多く、オンラインでもグループワークで色々な方の意見や考えを聞くことができた事がよかった。

・仕事と学業を両立するために業務効率化や時間管理を一層意識して行うようになった。また、出来ない理由を探すよりも、どうしたら出来るかを自然と考えるようになり、仕事やプライベートで何事も前向きに挑戦出来るようになった。

私にとってリカレントでの学びは、受講前と後では人生観が変わるような講義ばかりでした。また、様々なキャリアや年齢の異なる受講生との交流を通して、色んな価値観や考えに触れられ、大変、刺激を受けました。

・授業は主に仕事後の時間になってしまいますが、オンライン授業はオンデマンド授業とは違い、今、先生も他の学生の方たちも参加しているというライブ感とほどよい緊張感があり、自分と一緒に頑張ることができました。

・50代でも学ぶ意欲があれば得るものは大きいと感じた。講座の内容が仕事に直結しなくても、社会人として必要な知識を得ることができ視野が広がったし、様々な年代・職種の他の受講者から受ける刺激も多く、自分に足りないものに気づかされた。

・私は現在派遣社員として働いており、企業内でキャリアアップしてきたわけでも重要な責任のある仕事を任されているわけでもありません。しかし、自分なりの人生を歩んできて、今このリカレント教育課程で学んだことは大きな意義があると感じています。

・地方において働きながら大学で学びたいと思っている人は多いと思うが、首都圏と違い実際に通うことは難しい現状がある中、全講義Zoomで学ぶことができるのはとても便利で、よかったです。

・同じ女性であっても年齢、家族状況、仕事、住んでいる場所など様々で、このリカレント教育で学ぶ意義や考えも異なっていると感じましたが、女性のみということで、男性からは出てこないような意見が出てきたり、同意してくれる人がいたり、安心感がありました。また、地方在住のため通える範囲にリカレント教育を実施している施設がなく、すべての講義にオンラインで参加できる点が非常によかったです。

メッセージ

・もし迷っているようでしたら申し込みをした方が良いと思います。リカレントで学んだことは仕事の視野を広げこれからの私生活にも役立つことばかりです。ぜひチャレンジしてみてください。

・自分のキャリアに悩んでいたり、専門性を模索していたり、物足りなさを感じている方に、ぜひ受講をお勧めします。実践的な科目を受講するもよし、興味のある科目に新しく挑戦するもよし。いずれにせよ充実した時間を過ごすことができます。年齢やキャリアもばらばらですが、意識の高い受講生が集まっており、共に楽しく学ぶことができます。

・学びに遅すぎるということはありません。学びたい気持ちを大切に一歩踏み出してみてください。修了時には必ず入学前とは違う自分がいるはずです。

・オンラインでも充実した授業内容で、新しい気づきや成長できます。自分の可能性を伸ばしたいと思っている方は、リカレントでの学びで新たな発見や知識が得られます。違う世代や職種の方々との学びや交流はとても刺激になり、大変貴重な体験になるはずです。

・女性が社会で活躍するチャンスが来た時に社外で学んだことが役に立つと感じています。自分の視野を広げるきっかけにもなりました。ぜひおすすめしたいです。

・仕事・家事育児と学びとの両立は時間的にもモチベーションでも大変な時はあると思いますが、そこを乗り越えることをサポートしていただける環境と、学び合える仲間との出会いがあります。受講する目的、修了後の自分の在りたい姿を明確にして、ぜひ一歩を踏み出していただきたいです。

・仕事や家庭と学びの両立に苦労もあるかと思いますが、貴重な経験・学びを得られる機会ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

・どのようなキャリアの方でも、得るものが多い場所だと思います。迷っている方は思いきって飛び込んでみることをお勧めしたいです。

・仕事の後や休日に学ぶことは肉体的、時間的にも大変かもしれませんが、必ず自分のキャリアのために役立つと思います。将来の自分のために、勇気を出して、前向きな一歩を踏み出してください!!

第1回生の声

授業について

・会社とは何かということを振り返るチャンスになりとても有意義であった。

・学んだことが仕事に直結した。

・会議やミーティングを計画的にまとめて、短時間でできるようになった。 

・資料を丁寧にみられるようになり、案件を持ち帰って考えるきっかけにもなっている。

・基礎から理論的に学べてよかった。

・定義などを奥深く学びながら、昨今の具体的な事例を用いた説明がされるので、見方が変わってきたことを実感している。

・受講生という仲間と交流できる授業で刺激を受け、よかった。

・いい学びをさせていただいている。他の受講生は素晴らしく、身をただす時間となっている。

・グループディスカッションもあり楽しかった。基礎編の授業では、知識がない自分にとって十分すぎる内容だった。

・プレゼンテーションの授業では発言の順序やPowerPoint資料作成について学び、仕事に役立った。

・プレゼンテーションの授業では、プレゼンテーションまでの過程を理解することができ、勉強になった。会社の研修ではプレゼンの機会があまりなかったが、講義中にプレゼンの機会があり自信をもって臨めた。

・マーケティングの授業では、チラシの見せ方等を学び、仕事に役立った。

・市場調査論の授業で扱ったエクセル等での作業は難しくなく、楽しかった。

・就職に必要な基礎的知識を学ぶことができて良かった。

受講生間の交流について 

・再就職コースと共通開講であるマーケティングの授業では、自分とは異なるコースの受講生と共に学べた。

・いろいろな年代や職務の方との交流は刺激になった。

・グループディスカッションもあり楽しかった。

・授業によっては修了後の打ち上げがあったため、受講生同士が交流できた。

・最後にオンライン飲み会を開いていただいた授業もあり、とても楽しい時間を過ごせた。

感想 

・様々なキャリアや年齢の異なる受講生との交流を通し、色んな価値観や考え方に触れ、新たな発見や学びが多く、入学して良かったと思います。

・学びたい講義を、Eラーニングでは無く、さまざまな所から同時に参加でき、直接、先生から学び、質問し答えて貰える授業は、楽しかったです。学生証を頂き、久しぶりに50代の女子大生気分にもなれました。専門以外の分野と、新しい知識に触れる機会を得られてよかったと感じています。

・オンライン講座だったので夜間の受講も負担が少なかったです。違う世代や職業の受講生と共に学べたのは望外の楽しさでした。授業内容も充実していて、学ぶ喜びを感じることができました。思い切って受講して本当に良かったと思います。

・多忙な日常の中にキラリと光る時間があるとしたら、このリカレント教育課程の受講タイムだったと思います。まだまだ自分の可能性を伸ばしたいと願い、それぞれの想いを持った女性の集まりはとても心地良く、また刺激的でした。

メッセージ 

・受講前と後では人生観が変わるような講義ばかりです。オンライン授業のため、家庭や仕事など時間制限があっても学べる環境だと感じます。長く社会と関わり働き続けていきたいと願っている方には受講をおすすめいたします。

・10年振りに母校で学べて良かったです。正直リアルタイム大学生の時より日本女子大学が好きになりました。コロナで外出しにくいですが、家から色々なバックボーンをお持ちの方とお話できるのは貴重な体験でしたよ。

・得た知識を次の日の仕事や生活ですぐ活かすこと、それを継続することが重要です。授業を受けて満足しないこと。

・年齢や職業にとらわれず、たくさんの知り合いができました。みんなで一緒に頑張ることができました。

・今後入学するの皆さんとも親交を深められる日がくるかも…思うとワクワクします。どうぞご一緒に、このワクワク感を味わってまいりましょう。

修了生の声を表示する閉じる

ORIENTATION
入学キャリア説明会について


当説明会は、入学を目的としている方を対象としております。
ご視察・ご取材・ヒアリング(他大学さま)は別途調整いたしますので、メールにてお申し込みください。

2023年度入学希望者対象の入学キャリア説明会は終了いたしました。

♦︎日時

日時(DX0-1):オンデマンドコンテンツ視聴(視聴期間:8月29日(火)~9月4日(月)) : 受付終了しました

日時(DX0-2):オンデマンドコンテンツ視聴(視聴期間:9月5日(火)~9月11日(月)) : 受付終了しました

日時(DX0-3):オンデマンドコンテンツ視聴(視聴期間:9月12日(火)~9月15日(金)) : 受付終了しました

日時(DX1):2023年8月25日(金) 19:00~20:00 : 開催終了しました

日時(DX2):2023年8月26日(土) 10:00~11:00 : 開催終了しました

♦︎対象

2023年度「DX人材育成コース」入学希望者

♦︎実施方法

オンライン(Zoom)、またはオンデマンド

♦︎申込フォーム

※現在はお申込みいただけません

 

「次世代リーダーを目指す女性のためのDX人材育成コース」入学キャリア説明会

実施方法

オンライン(Zoom)

参加方法・内容

・概要説明(約1時間 参加必須):カリキュラム等。「Zoom」を使用して行います。

・個別相談(1人10分、希望者のみ申込制):「Zoomミーティング ブレイクアウトルーム機能」を使用して、説明会参加者とスタッフと一対一で行います。時間は、申し込み先着順で割り振りをいたしますのでご了承ください。

・カメラはオン(説明会全体を通して)、音声はオフ(個別相談時はオン)でご参加ください。

参加連絡方法

申込完了後、詳細につきましては前日までにZoomのURLとともにお知らせいたします。Zoom接続後、説明会開始までは待機状態(待機室)となりますので、待機室で開始までそのままお待ちください。

注意事項
  • ※説明会への参加は出願を検討しているご本人様のみとします。出願資格については募集要項をご確認ください。
  • ※入学キャリア説明会参加を出願条件としていますので、音声はオフ(個別相談時はオン)、カメラはオンでご参加ください。個別相談時はブレイクアウトルーム機能を利用しますので、説明会参加者とスタッフと一対一でお話をします。
  • ※前日午前11時まで予約可能です(満席の場合は除く)。
  • ※予約した説明会日をキャンセルする場合は、以下メールアドレスまでご連絡をお願いします。
  • ※入学キャリア説明会時の録音・録画は、ご遠慮ください。
  • ※ご視察・ご取材をご希望の際は別途調整いたしますので、リカレント教育課程の事務室に直接お問い合わせください。
  • ※ご不明な点がございましたら、リカレント教育課程の事務室までお問い合わせください。
Zoom利用について

1:用意する物・端末(パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれか )

・インターネットに接続できる環境
・Wi-Fi等のインターネットへの接続

※通信費は自己負担となります。
※イヤホン等をお使いいただくと、より外部環境に影響されずに音声が聞きやすくなります。

2:Zoomアプリのインストール

<パソコンの場合>
ブラウザで https://zoom.us/test にアクセス

<スマートフォン/タブレットの場合>
以下よりインストールしてください。
Zoom Cloud Meetings iPhone/iPad版はこちら
Zoom Cloud Meetings Android版はこちら

DATA
各種データ

PARTNER
構成機関(五十音順)

  • キリンビジネスエキスパート株式会社
  • 株式会社システムディ
  • 大同生命保険株式会社
  • 東京労働局
  • 東京商工会議所
  • 鳥取県
  • 野村證券株式会社
  • 株式会社富士通ラーニングメディア
  • 日高振興局(北海道)
  • 梼原町(高知県)


観光庁、文京区(東京都)

CONTACT
お問合せ

受講お申し込みや、カリキュラムに関するお問い合わせ、ご意見やご要望など、随時お待ちしております。

※研究やご取材・他大学さまによるヒアリング等は別途対応しておりますので、リカレント教育課程事務室に直接お問い合わせください。

  • お電話によるお問合せ

    TEL:03-5981-3751

    お問合せ時間
    月~金 9:30~16:30 / 土 9:30~11:30

  • メールによるお問合せ

    E-mail:recurrent@fc.jwu.ac.jp

    メールによるお問い合わせには、数開室日をおいてご連絡することがございます。