女性のための
リカレント教育推進協議会

大学連携「今こそ!自分らしく働き、生きる」ー可能性を広げる新たなステップへの学びとリカレント教育の意義ー

Concept
協議会の主旨

女性活躍を推進する気運の高まりを受けて、1999年に男女共同参画社会基本法、2015年には女性活躍推進法など、女性の職業生活を支える法案が順次整備されてきました。さらに、人生100年時代を迎えた今日、いくつになっても学び直しが可能で、常に新しいチャレンジができる社会を実現するために、「リカレント教育」の必要性がますます増大しています。

現在、「リカレント教育」の意味は多様化しており、AIなどの最新技術を学ぶ高度に専門的なものから、従前は生涯教育と称されてきた就労を目途としない学び直しまでも、ひとしなみに「リカレント教育」と称されています。この多様化した「リカレント教育」ですが、「女性のためのリカレント教育」は、女性の社会的活躍を推進し、労働力不足を改善し、持続社会を実現するために必要不可欠な要素として、その拡充進展が喫緊の重要課題となっています。

女性の再就職や、ステップアップのために、新たな学びを提供する「リカレント教育」には、まだまだ課題も多く、そうした教育課程を運営する大学が相互に連携をとりながら、諸問題の共有とその解決に向けて検討を行う必要が出てきました。社会的な認知を得るための啓発活動を行い、関係諸官庁、諸方面にご理解とご支援を願う活動等を展開する母体として、「女性のためのリカレント教育推進協議会」を設立しました。

代表挨拶

女性のためのリカレント協議会 会長

日本女子大学生涯学習センター 所長

坂本 清恵教授

Greeting
代表からのご挨拶

2018年度は、人生100年時代を迎え、政府が女性の社会参加をさらに促すためにリカレント教育に力を入れることを宣言したことから、リカレント元年と呼ばれましたが、まだまだリカレント教育が認知されていないのが現実です。

特に女性が再就職を果たすために新たな学びを提供するリカレント教育については、課題も多いところから、女性のためのリカレント教育課程を運営する大学が相互に連携をとりながら、問題点の共有と解決に向けての検討を行うとともに、社会的認知のため啓発活動、関係官庁と連携をとるために、「女性のためのリカレント教育推進協議会」を発足いたしました。

News
お知らせ

2020.07.23
『全国の自分らしく働きたい女性に向けての啓発イベント』関西企画 オンライン開催 参加申込み受付中!
2020.07.23
「女性のためのリカレント教育推進協議会」ホームページを開設しました。
2020.05.16
文部科学省「令和2年度 女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」における普及啓発事業 女性の学びサポートフォーラムによる普及啓発事業/女性のためのリカレント教育に関わるネットワーキングの構築が採択
2019.12.05
大同生命寄付「女性のためのリカレント教育推進協議会」発足シンポジウム開催

Media
メディア掲載情報

2019.12.16
週刊労働新聞に「女性の学び直し推進へ 日本女子大など6大学が協議会設立」について掲載されました。
2019.12.16
毎日新聞( 朝刊)くらしナビ「女性の再就職支援 6大学が協議会」について掲載されました。
2019.12.19
日本経済新聞(夕刊)フォーカス「6大学結び「学び直し」推進」について坂本清恵生涯学習センター所長のインタビュー記事が掲載されました。

Membership
会員校一覧

  • 日本女子大学
  • 関西学院大学
  • 明治大学
  • 福岡女子大学
  • 京都女子大学
  • 京都光華女子大学

Activity
取組内容

  • 女性のためのリカレント教育推進協議会発足シンポジウム開催

    2019年12月5日に株式会社大同生命のご寄付により日本女子大学にて協議会発足シンポジウムを開催。

    日本経団連、文部科学省、厚生労働省による基調講演、協議会構成大学によるパネルディスカッションを実施。企業、官庁、主婦、大学関係者157名、報道関係者15名が参加。

  • 文部科学省委託事業「女性のためのリカレント教育に関わるネットワーキングの構築」

    2020年7月2日、文部科学省令和2年度「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」における実証事業及び普及啓発事業について女性の学びサポートフォーラムによる普及啓発事業の実施/「女性のためのリカレント教育に関わるネットワーキングの構築」に採択されました。

  • 今こそ!自分らしく働き、生きる ?可能性を広げる新たなステップへの学びとリカレント教育の意義?

    女性が自分らしく働き、生きるための学びの場『リカレント教育』の意義とリアルな効果について、女性のためのリカレント教育を牽引している大学の教授陣と、実際に学びを活用している修了生のディスカッションを通してお届けします。

Event Report
実施報告

  • 関西地区発信、全国の自分らしく働きたい女性にむけて
    「今こそ!女性のための新たな学びのススメ」オンラインイベント開催

    主催
    女性のためのリカレント教育推進協議会
    〔イベント主催:日本女子大学・関西学院大学・京都女子大学・京都光華女子大学 協力:明治大学・福岡女子大学〕
    連携大学:東北公益文科大学
    開催日時
    2020年7月23日(祝木)13:00~15:00
    対象
    1. 次のステップのために学びが必要だと感じている女性、リカレント教育に興味のある女性
    2. 再就職、転職、起業、社内でのキャリアアップ、育児休業・介護休業等からの復帰のためのスキルアップを考えている女性
    3. 女性のキャリアアップ、育成に力を入れている企業、興味をもっている企業 など
    ※女性・男性に関わらずご参加いただけます。
    参加形態
    ・zoomを使用したオンラインによるリモートでの参加(全国どこからでも、育児・介護中でも、勤務場所からでも受講できます)
    イベント内容
    2つのパネルディスカッション(PD)でリカレント教育がキャリアに与える意義を知り、感じる!
    PD①リカレント提供側の大学教授陣がリカレントの意義と提供現状について討議。
    PD②多様な立場のリカレント修了生がその効果と自身や周囲に与えた影響について討議。
    イベントサイト
    https://kwansei-ac.jp/iba/happycareer/happy/event
    お問合せ
    関西学院大学ハッピーキャリアプログラム
    happy-career@kwansei.ac.jp
     
  • 大同生命保険株式会社ご寄付による「女性のためのリカレント教育推進協議会」 発足シンポジウム
    「女性のためのリカレント教育の社会的役割―日本社会の持続的な展開のためにー」

    開催趣旨
    開催趣旨2018年度は、人生100年時代を迎え、政府が女性の社会参加をさらに促すためにリカレント教育に 力を入れることを宣言したことから、リカレント元年と呼ばれましたが、まだまだリカレント教育が認知されていないのが現実です。特に女性が再就職を果たすために新たな学びを提供するリカレント教育に ついては、課題も多いところから、女性のためのリカレント教育課程を運営する大学が相互に連携をとりながら、問題点の共有と解決に向けての検討を行うとともに、社会的認知のため啓発活動、関係官庁への提言などを行うため、「女性のためのリカレント教育推進協議会」を発足することにいたしました。
    講演では、リカレント教育をどのように発展させていけばよいのか今後の展望について、日本経済団体連合会、文部科学省、厚生労働省からご助言を賜りました。シンポジウムでは各大学のリカレント教育の現状の報告と課題、さらにはリカレント教育を担う実務家教員養成について討議を行いました。
    開催日時
    2019年12月5日(木)13:20~16:30
    開催場所
    日本女子大学目白キャンパス 新泉山館大会議室
    開催テーマ
    女性のためのリカレント教育の社会的役割 ―日本社会の持続的な発展のために―
    発足協議会名称
    女性のためのリカレント教育推進協議会
    参加大学
    日本女子大学、関西学院大学、明治大学、福岡女子大学、京都女子大学、京都光華女子大学(リカレント教育プログラム設置順)
    当日の参加者数
    157名(企業、官庁、大学、社会人女性、リカレント教育プログラム受講生・修了生)報道関係者5社15名
    進行
    日本女子大学リカレント教育課程主任 片山伸也
    ご挨拶:日本女子大学 学長 大場 昌子、大同生命保険株式会社 執行役員 小林 康弘氏
    趣旨説明:日本女子大学生涯学習センター 所長 坂本 清恵
    基調講演:講演1 日本経済団体連合会 常務理事 井上 隆氏 テーマ「リカレント教育の活性化に向けて:経団連の取り組み」
    講演2 文部科学省 高等教育局 専門教育課 企画官 西山 崇志氏
    講演3 厚生労働省 人材開発統括官付 人材開発政策担当参事官 相本 浩志氏

    パネルディスカッション:

    パネリスト(リカレント教育プログラム設置順)
    ・日本女子大学 リカレント教育課程 生涯学習センター所長 坂本 清恵
    ・関西学院大学 ハッピーキャリアプログラム 女性活躍推進研究センター長 大内 章子 氏
    ・明治大学 女性のためのスマートキャリアプログラム プログラムコーディネータ 小川 智由 氏
    ・福岡女子大学 女性のためのウェルカムバック支援プログラム 副学長 野依 智子 氏
    ・京都女子大学 リカレント教育課程 特命副学長・地域連携研究センター長 竹安 栄子 氏
    ・京都光華女子大学・京都光華女子大学短期大学部リカレントプログラム 副学長・女性キャリア開発 研究センター長 加藤 千恵 氏
    ・社会情報大学院大学(実務家教員事業COEプロジェクト)学監・研究科長 川山 竜二 氏
    閉会ご挨拶:学校法人日本女子大学 理事長 蟻川芳子
    参加対象
    ・大学が実施するリカレント教育に興味をもつ方々
    ・大学が開催するリカレント教育プログラムとの連携を検討される企業の方々
    ・これからリカレント教育プログラムの設置を検討される大学関係者の皆様
    ・官公庁のみなさま
    ・リカレント教育プログラムを受講中、また受講を検討される方々
    (社会人女性、学歴、年齢不問)
    ご寄付
    大同生命保険株式会社
    ご後援
    日本経済団体連合会、文部科学省、厚生労働省

RELATED
関連サイト