ホーム|修了生の声

修了生の声

リカレント教育課程修了生から寄せられた感想・意見を紹介させていただきます。

変化を恐れずに・・NEW!

第15回生(40代) 2015年9月修了

リカレント教育課程が始まると、今までと生活が変わります。授業も大変です。けれども変化を恐れずに色々な方の人生に触れ、又自分を振返ることで必ず得るものがあると思います。

この上なく充実した学びの場!NEW!

第15回生(40代) 2015年9月修了

年齢やキャリア等が皆違っているところが、とても良い。将来に向けてもう一度学びたいという真剣な気持ちは共通でした。そのような仲間達と集い、助け合い、思い切りガリ勉し、学食では楽しく情報交換。お互い見守り、時には手を差し伸べるなど、人との距離感が絶妙な方達ばかりで人格者!設備、環境、スタッフの皆様のサポートも手厚く「この上なく充実した大人の学びの場」それがリカレントでした。

次のステップへの挑戦NEW!

第15回生(40代) 2015年9月修了

リカレント教育課程は職業斡旋所ではありません。通えば資格が取れて仕事が見つかるわけでもありません。自分自身でつかもうとする意欲があれば支援を受けられ励ましてくれる仲間に出会える場です。若い頃と比べて衰えた暗記力や集中力は目的意識と経験と仲間が補ってくれます。一歩踏み出す勇気と自分への投資額を回収する意欲がある人は必ず満足いく時間を過ごし次のステップに向えますので、挑戦してみてください。

貴重な1年間NEW!

第15回生(40代) 2015年9月修了

通学の目的や、修了後の目標も様々なので、自分の目的や目標を明確に持ち、行動することが大切です。また貴重な1年間なので、私は合同会社説明会、セルフリーダーシッププログラム、通信スクーリングと様々なイベントにも積極的に参加しました。

同じ目標を持った仲間と

第14回生(50代) 2015年4月修了

同じ目標を持った仲間との勉強は無償でお互いに教えあったり、 乗り越えようとするハードルを越えたことの喜びは大きい物です。

仲間と助け合って

第14回生(50代) 2015年4月修了

勉強熱心で向上心の強い同期生に励まされ、MOSやTOEIC試験で良い結果を得られ、自身の成長を感じる事の出来たリカレントの1年でした。「再就職」という目標に向かって仲間と助け合い、向上できる最高の場でした。

女子大での学生生活

第14回生(40代) 2015年4月修了

忙しかったフルタイムの職を退き、始めた学生生活は、久しぶりに自分を見つめ直し新しい一歩へつながる1年となりました。多様なクラスメイト達と机を並べ、沢山のことを夢中でインプットしました。新たに母校と呼べる場所が出来たのもとても嬉しいことでした。女子大ならではの視点やサポートのある良いプログラムだと思います。

今しかない

第13回生(30代) 2014年9月修了

今後の生き方に迷っていた時にリカレントの広告を見て「今しかない」と思い挑戦しました。先生方や事務局の方々に支えられ、素晴らしい同期の仲間に出会い充実した1年間を過ごす事が出来ました。挑戦される方々には是非積極的に取り組み活用して頂きたいと思います。

未知の世界へ

第13回生(40代) 2014年9月修了

まだ「頭(脳みそ)」はつかえます。新しい「友達」もできます。何をするのか、まだはっきり決まってなければ、1年間勉強してみたら良いと思います。独学では気づけない、未知の世界の仕事のご縁があるかもしれません。たった1年ですが、決して無駄にならない、あっという間の1年になると思います。

新しい一歩

第13回生(40代) 2014年9月修了

様々な経歴の人達が「再就職」というキーワードで集まって、一緒に学ぶ機会はそうそう得られません。知識を身に付けるだけでなく、リカレントで関わった全ての人から良いところを吸収して、時に刺激を受けて、新しい一歩を踏み出す為の準備を積み重ねてください。

迷ったら前進!!

第13回生(30代) 2014年9月修了

何リカレントは再出発の場です。Excelの関数がほとんどわからなかった私が、MosExcel2010expertで満点合格できたのは先生や仲間達のおかげだと思っております。 面接は苦手でしたが、何度もロールプレイングを積み重ねることで  自信を持って本番に望めるようになりました。一緒に切磋琢磨出来る仲間、信頼出来る先生方や職員の皆さん、協力してくれた家族、一年間を通して多くの事を学ぶ事ができ感謝でいっぱいです。  専業主婦でこれからの人生、不安ばかりでしたが、1年を通して、勉強だけでなく「やる気」と「自信」を身に付ける事ができました。修了して終わりではなくこれからの人生前向きに生きられるような貴重な一年でした。

かけがえのない宝物

第12回生(50代) 2014年4月修了

リカレント教育課程での1年間は課題提出、テスト、授業の予習等に追われ、立ち止まっている暇のない日々でした。しかし頑張った先には素敵なプレゼントが待っていました。様々なスキルと知識、それを身に付けた自信、同級生との絆、そして再就職という目標達成。一度社会に出て、再び大学で学べることは大変贅沢なことです。この恵まれた時間への感謝を忘れずに学び続けていきたいと思います。今後も多くの女性がリカレント教育課程で学びかけがえのない宝物を手にされることを願っています。

自らつかみとる場所

第12回生(40代) 2014年4月修了

何かが与えられる場所ではなく、自らがつかみとる場所ということを心得ていれば必ず成果が感じられます。臆せずチャレンジしてください。

人生観が変わりました

第12回生(40代) 2014年4月修了

リカレント教育課程で受講する内容はどれも社会で必要な知識が満載です。同じ女性同士ですが全く同じ人生を歩まれている人はいません。リカレント教育課程を受講し、仲間との出会いによって人生観が変わりました。

頭の中を混ぜられました

第11回生(50代) 2013年9月修了

予想以上の授業内容、講師の先生方の素晴らしさでした。年齢を重ねて固くなっていた頭に様々なことを気付かせてもらい、頭の中を毎日混ぜられた感じでした。

一歩踏み出すことの大切さ

第10回生(30代) 2013年3月修了

最も感じたことは一歩踏み出すことの大切さです。受講するにあたっては、きちんと通学できるか、再就職できるか等不安だらけで、1年ほど悩んでの応募でした。案の定受講してみると勉強が大変で、再就職への不安を抱えた1年でしたが、おかげ様で再就職ができました。考えすぎるより一歩踏み出すことが大切だと思います。

毎日の積み重ね

第10回生(40代) 2013年3月修了

育児のために離職したが、子どもが手を離れたので、パート探しを始めたところ、ITができないと職種が限定されるうえ、時給も低いと実感した。そこで一念発起してリカレントに通う決心をした。
予想をはるかに超える勉強量には最初戸惑ったが、10回生の仲間が一人一人自分たちの持ち味を発揮しながら頑張っていることに励まされ、毎日の積み重ねを大事にした。後期は資格取得を目標に掲げたため、自習、授業、家事、子どもの学校関係などの時間のやり繰りがかなり大変だったが、やり切ったことで自信につながった。
就活は長いブランクのため簡単にはいかなかったが、リカレントの支援のお陰で就職することができた。リカレントは今後の自分の人生を変える大きなきっかけとなった。

「切磋琢磨」

第10回生(20代) 2013年3月修了

私はこれまでの人生の中で、「切磋琢磨」した時間は、このリカレントで過ごした1年間であって、中学でも高校でも大学時代でもない。私は他のリカレント生たちが熱心に学ぶ姿勢を見て、自分も頑張ろうと思い、他のリカレント生も私のそんな姿を見て、同様に努力した。これほど相互に良い影響を与えあえる環境は、他にはないだろう。

このページの先頭へ

期待通り!

第9回生(40代) 2012年9月修了

以前から学びたかったことを一度に学ぶことができ、仕事をしている中で疑問に感じたことが分かり、とても勉強になりました。 又、書類の添削や面談を丁寧にして頂け、合同会社説明会で再就職できたので期待通りでした。

このページの先頭へ

一年間の貴重な時間

第9回生(40代) 2012年9月修了

長く家庭にこもっていた私にとっては、色々な経歴の方々と机を並べ、勉強した一年はとても貴重な時間でした。家庭と勉強を両立することは大変でしたが、一年間で時間をうまく管理できるようになり、そのことも就職する上での大きな自信につながりました。
リカレントには、就職のための様々な資格の授業があり、また、イベントなどで支援を受けられますが、それを有効に生かすためには、一人一人のしっかりした考えや意見が必要だと思います。なぜ今働きたいのかという考えをしっかり持ち、受講することが大切だと思います。

このページの先頭へ

人生を変える第一歩

第8回生(40代) 2012年3月修了

東日本大震災後の不安定な社会状況の中、勉強することに迷いながらの入学でしたが、1年間の大学生活は大変充実したものであっという間でした。
17年間のブランクがありながら、希望する仕事に就くことができましたのは、リカレントの存在無くしては考えられないことでした。リカレント入学という第一歩が人生を変える第一歩になりました。ありがとうございました。

このページの先頭へ

今がゴールではない  

第7回生(40代) 2011年9月修了

社会復帰をして果たしてやっていくことができるのか、それを試すために一年間にわたるリカレント教育課程の受講を決意しました。当初は子どもを託す保育園も決まらぬままの見切り発車でしたが、走り出してみると幸いにも大きな問題に遭遇することなく、初めは漠然としか考えていなかった再就職を、徐々に明確な目標として捉えるようになりました。
キャリアマネジメントや英語など、授業の中で助言を受けながら職務経歴書や英文のレジメを作成したことは、実際の就職活動でも即座に役立ちました。また、ITリテラシーの授業では、自己流で操作していたWordやExcelを体系的に学び直したので、使える機能が増え、現在の職場でも活用しています。
私にとっては今がゴールではなく、今後もステップアップしていきたいと望んでいるので、「いつでも相談してください」と言ってくださるリカレントのスタッフの方々は貴重な心の支えです。

勉強をすることで  

第7回生(40代) 2011年9月修了

下の子が中学に入学した年に、ちょうど40歳になり、何か新しい自分の世界をと考えました。そんな時にリカレントのことを知り、結婚後ずっと専業主婦だった私が社会に出るにしても、今の自分では余りにも無知なので、教養をつけるためにとの考えでの受講でした。最初はPCのスキルと英語の上達が主な目的でしたが、在学中に消費生活アドバイザーの資格を取得するという目標ができました。また、消費生活アドバイザー試験や社会保険法の勉強をすることで希望とする職種がはっきりしたところ、現在の職場をリカレントの方からご紹介いただき、就職することができました。仕事をしながらの勉強となりましたが、消費生活アドバイザー試験も今年無事合格することができました。
リカレントでの一年間は知識もさることながら、講演会等のイベントや先生、同級生との交流を通して、家庭を持ちながら仕事を持つことの心構えを教えられました。
USBメモリーの使い方も知らなかった私が、自分より10歳以上若い同級生に教わりながらポスター制作をしたのは本当に良い思い出です。皆様ありがとうございました。

長いブランクを乗り越えて

第7回生(40代) 2011年9月修了

とても長いブランクを持つ私に、最低限のパソコンスキル習得と(それでもまだまだ修行不足で、現在苦労していますが、、、)、英語を学び直す機会を与えて下さり、入学して良かったと思っています。ママ友とは違う、貴重なお友達にも出会え、楽しいひとときを過ごさせていただきました。改めてお礼申し上げます。
いわゆる一般企業で働き始めたばかりですが、派遣とはいえ今までの緊張感のない主婦生活から一転、仕事の厳しさを日々感じています。今回の職場を第一歩として、今後も自分(そして家族生活)にあった働き方を模索していきたいと思います。

自信とサポートと

第7回生(20代) 2011年9月修了

私は、リカレント教育課程に通った一年間で、さまざまな勉強をしたり資格を取ったりすることで、自分に自信が持てるようになりました。再就職は厳しいかもしれないと思っていたのですが、この自信やサポートしてくださる事務室の方のおかげで、前向きに就職活動に取り組むことができました。
現在、働き始めたばかりで慌ただしい毎日ですが、充実した日々を過ごしています。早く仕事に慣れ、これからも成長していきたいと思っています。

多くの同志と共に

第7回生(40代) 2011年9月修了

リカレントに通っていたころを懐かしく思うとともに、多くの素敵な同志と供に学べたことを嬉しく思います。自分の英語の出来の悪さに、大変苦しみましたが、友人のおかげで履修を続けることができ、修了にこぎつけることができました。今では、頑張って通ってよかったと思っています。
2011年8月1日から就業し、最初は慣れない環境にどうなることかと思いましたが、少しずつ落ち着いてきました。まず、最初の仕事がExcelの加工でした。複数のコード表を見て、Excelにいくつもコードを手入力していたのですが、決まったルーチンをコードではなく日本語で目にしたいという上司の注文で、一つのフォームを完成させました。授業で習った、文字列関数、VLOOKUP、入力規則等々駆使してできたのも、わからない時の調べ方までを教えていただいていたからこそのものでした。
授業では、その進み方に苦しさを感じたことは否定できませんが、習ったことは実戦でとても役立つことだったということが、就業してその場がやってきて初めてわかったことでした。時に厳しく鍛えてくださった先生にも感謝いたします。授業についていってよかったです。先生方、事務局の方、一緒に学べた方々に感謝いたします。これからも、女子の再出発の支援の場として、日本女子大学リカレント教育課程の発展を祈ってやみません。

このページの先頭へ

背中を押してくれたリカレント教育

第6回生(20代) 2011年9月修了

入学前は全くパソコンに触れていませんでしたが、修了するまでにMOS資格取得に至りました。また授業を通して様々な年齢層の方と関わることができ、人脈も広がりました。今の就職先に行くためには大学の後押しがあったため、受け身な私は背を押していただけなければ縁のない会社であったと思っています。

久しぶりのキャンパスライフ

第6回生(50代) 2011年3月修了

リカレントに入学し、様々な年代の友人を得ることが出来て、久しぶりのキャンパスライフを楽しみました。社労士や税法、PCのスキルなど、社会人として知っておいた方がよい知識を学べたことがよかったです。
就職状況が厳しい中、事務局の方のアドバイスとリカレントというバックグランドがあったからこそ仕事を見つけることが出来ました。色々なご縁に感謝をしております。

このページの先頭へ

リカレントで身につけたことを仕事で役立てる日々

第5回生(40代) 2010年9月修了

1年前には、13年に及ぶキャリアブレイクや年齢のハンディを思うと、社会復帰を心の奥底で強く望んでいるのに、闘う前に諦めている自分がいました。しかし、リカレント教育において受講生の再就職を心から応援してくれる先生方や、お互いに励まし合う仲間と出会うことができ、勇気と自信を持って就職活動を始めることができました。
おかげさまで、リカレント主催の東商合同企業説明会にて、主婦の再就職に理解のある企業と出会うことができ、充実した日々を過ごしています。リカレントで学んだPCスキルや内部監査、社会保険の知識は現在の仕事に非常に役に立っています。リカレント教育の1年間があったことで、再就職に対する家族の理解を自然に得ることができたと思いますし、本当に貴重な1年間でした。

このページの先頭へ

子育てしながら学び終えて

第4回生(40代) 2010年3月修了

リカレントに通った1年間は、学生に戻ったようでとても楽しく、あっという間に過ぎてしまいました。
10代は部活に明け暮れ、20代は仕事に明け暮れ、30代は育児に明け暮れ、さて40代は何をしようと思ったときに、今までアウトプットし通しで、空っぽの私がいました。そこで、再就職する前にこの一年は充電の期間と決め、リカレントの受講を決めました。幼稚園生の子供がいたので時間のやり繰りに大変苦労しましたが、母や家族の協力を得て、無事修了出来たことは感慨深いものがあります。英語とITを業務で使用する、希望の再就職先が決まったのは、熱心な先生方のご指導、志高く優秀なクラスメートとの情報交換や励まし合いのおかげです。これからも、素晴らしい仲間達との交流を続けていければうれしいです。

人生のターニングポイント

第4回生(30代) 2010年3月修了

私の場合、リカレントの1年間は大きな人生のターニングポイントとなりました。普段の生活の中では関わることのない年代の方々と交流出来たことが何よりも私の財産になりました。ありがとうございました。

このページの先頭へ

動き出してみることで、世界がどんどん広がった

第3回生(40代) 2010年3月修了

「やりたい仕事はあるけれど、経験もないし難しいだろうな」心の隅にそんな思いを抱きながら、家事や育児に追われ月日が流れておりました。リカレント教育の存在を知ったのは、応募締め切りの一週間前。選考があると知り躊躇しましたが、迷っている暇はなく「ダメもと」で応募したこの一歩が、大きな一歩となりました。
親身になって指導して下さる先生方、人生に前向きで意識の高いクラスメート達との出会いの中で、自分自身を見つめ直し、目指す道を再確認することができました。「せっかく学んでいるのだから、応募してみようかな」動き出してみることで、世界がどんどん広がりました。リカレントに通っていること自体が「意欲的で真剣な姿勢」としてプラスに作用しました。
志望していた仕事に就くことができ、時間的な制約が加わりましたが、半年間留年するという形で無理なく受講を続け修了することができました。現役大学生と机を並べて学部の授業を受けたことも、とても楽しかったです。お世話になった全ての方に感謝しております。社会に貢献することで恩返しさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

授業で学んだことが役に立つ

第3回生(50代) 2009年9月修了

2009年10月から大学事務の仕事を始め、最初は久しぶりの仕事で戸惑いましたが、やっと慣れてまいりました。ITの授業で教えていただいたことが大変役立っております。

このページの先頭へ

再チャレンジへの自信

第2回生(40代) 2009年3月修了

1年をとおして、同じ目的を持つものが、励ましあいながら学ぶ機会をいただきました。ITや英語などは、できないとは言っておられず基本から勉強し直すことで、再チャレンジへの自信につなげられました。読書量が増えたこともよかったことです。
遠距離通学のため、電車の中で本を読む時間が確保でき、心理や哲学の本も図書館で多く借りることができました。実際の就職活動では、人脈を掘り起こす作業をしましたが、いかにそのつながりが大切かわかりました。もちろん、リカレント修了した後の同期生との横のつながり、また、1回生から4回生の縦のつながり、どちらもしっかりと持つことができ、なおいっそうの情報共有や学び合いができています。

学生時代と異なる学びの質

第2回生(41歳) 2009年3月修了

夫の転勤により東京への転居が決まったのを機に、1年後の就職を目指しリカレント教育を受講することにしました。初めのころは、生活環境が整っていなかったので、通学することすら大変な状況でしたが、1年のうちに子どもの保育先や家族の協力など、再就職のための必要条件を確保し、スムーズな再就職へとつながりました。
受講した科目も多岐にわたり、特に興味がない科目も、いままでの経験値から自分の中に落とし込んで考えることができたということから、「学び」の質も学生時代とはまったく違ったものでした。宿題やテストなどもあり、家庭との両立は決して楽ではありませんでしたが、1年間続けられたことが、再就職への大きな自信となりました。一緒に頑張ってきた仲間も新たな道へと動き出し、1年前とは表情や印象に大きな変化を感じています。

年齢に囚われずチャレンジする精神

第2回生(27歳) 2009年3月修了

リカレント生として過ごした1年間は、有意義で貴重な時間でした。様々なスキルを持った方々と机を並べて勉学に励むことが出来、大変刺激を受けましたし、年齢に囚われず、常にチャレンジする姿勢を忘れてはいけないと実感しました。2009年4月から再び社会人としてスタートを切ることができました。チャレンジ精神を大切に職務を遂行したいです。

修了後の支援も心強い

第2回生(40代) 2009年3月修了

退職後十数年経ち、自信欠如、不安が立ちはだかった4月、リカレント教育課程に入学しました。専門の先生方のきめ細かなご指導を受け、ITを利用した多種な勉強が楽しく、多様な職歴を持つ仲間との交流もあり、1年前と別人に。キャリア教育講座で、齢を重ねても場に応じた努力・目標の持ち方を学び、復帰の一歩を踏み出せ、感謝しています。
リカレント修了後も引き続き、提供下さる学びや交流の場に参加でき、本当にありがたく思います。また、修了生のNPO団体NOWの支援もあり、心強い気持ちです。

仕事に生かせる受講内容

第2回生(47歳) 2009年3月修了

最初は、週に何回かまとまった時間を学校に通うということができるかどうか、自信がありませんでした。受講し始めると、キャリア開発論(現 キャリアマネジメント)などの授業をきっかけに、受講生の方の職歴、体験などお伺いすることができました。皆、立場も、志も様々ですが、何かを踏み出そうとしているところが同じで、一緒に勉強することがとても励みになりました。
講義は先生方がとても熱心に教えて下さり、パソコンスキル、経済社会の知識、ビジネス英語など、集中的に学ぶことができました。今まで関心のなかった分野も、社会の流れの中で、関連づけて考えられるようになったと思います。修了時には、TOEICのスコアを上げることができ、簿記の資格も取ることができました。こうして教えていただいたことを機に、これからは仕事をしながら、必要な力をつけていきたいと思っています。

このページの先頭へ

社会復帰への助走

第1回生(36歳) 2008年9月修了

専業主婦として7年過ごし、働きたいと思っても社会復帰できるかとても不安に思っていた頃、リカレント教育を知り、再び学び始めました。向学心の高い優秀なクラスメートとともに、社会の第一線で活躍されている先生方の授業を受けられた一年間は社会復帰への助走、また積極的に社会と関わることを考える貴重な日々でした。
リカレントでの学びや経験を生かして再就職することができました。再就職をした今、PCスキル、ビジネス英語はとても役立っています。

素晴らしい仲間に恵まれて

第1回生(40代) 2008年9月修了

14年間のブランクの後、リカレント教育を受け再就職することができ感謝しております。同じ目標を持つ素晴らしい仲間に恵まれ、熱心な先生方のご指導のもと、充実した1年間を過ごすことができました。職場でもリカレントで学んだ英語、IT、キャリア科目で得た知識や考え方がとても役立っています。また各種講座で様々なキャリアをお持ちの方々の有意義なお話を伺い視野が広がりました。ありがとうございました。

公開講座一覧

リカレント教育課程とは
カリキュラム
カリキュラムの概要
カリキュラム一覧
時間割
学事日程
募集案内
募集要項
受講申込書
受講までの流れ/入学手続き
受講の手引き
  • 修了生の声
  • 授業風景
  • 行事・イベント風景

所在地・受付時間のご案内

日本女子大学
リカレント教育課程
東京都文京区目白台2-8-1
TEL 03-5981-3751
FAX 03-5981-3754
お問い合わせ受付時間
月〜金 9:00〜17:00
土   9:00〜12:00

このページの先頭へ